スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捜査情報の漏えい否定=政府答弁書(時事通信)

 政府は26日の閣議で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関し、「捜査情報の漏えいがあったとは考えていない」とする答弁書を決定した。検察による報道機関へのリークの疑いをただした鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に対する答弁。
 鈴木氏は、東京地検特捜部に逮捕された石川知裕民主党衆院議員の詳細な供述内容が報道されていることなどを指摘。これに対し、答弁書は「検察当局は捜査上の秘密保持に格別の配慮を払ってきた。報道各社が関係各方面に広く深く独自の取材活動を行っていると思われる」との見解を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

小沢幹事長 23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
京浜東北209系引退で記念入場券16枚セット(読売新聞)
奈良高校で南極観測隊直結のテレビ「南極授業」(産経新聞)
「パパはいじめない」虐待死の海渡君、親かばう(読売新聞)
<谷垣総裁>消費税10%以上必要(毎日新聞)
スポンサーサイト

<交通事故>13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道(毎日新聞)

 25日午後9時40分ごろ、三重県桑名市長島町松蔭の伊勢湾岸自動車道下り線で、横浜市鶴見区市場下町、トラック運転手、佐々木竜太さん(37)の4トントラックが、路肩(幅2.4メートル)と第1車線にまたがって止まっていた神戸市兵庫区荒田町、同、示野(しめの)達也さん(24)の13トントラックに追突、佐々木さんは頭などを強く打ち、間もなく死亡した。示野さんは車外にいて、けがはなかった。【高木香奈】

【関連ニュース】
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕
パトカー事故:無免許バイクと衝突 高校生2人重傷 愛知
交通事故:大学生はねられ死亡 横浜
衝突事故:バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川
交通事故:自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川

<訃報>筒井寛秀さん88歳=東大寺長老(毎日新聞)
五島沖・「第2山田丸」沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島・吹上町で発見(西日本新聞)
国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)
<交通事故>京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)
<J1川崎>川崎市へ5千万円寄付…ナビスコ杯表彰式問題(毎日新聞)

元「モー娘。」後藤真希さんの母親が死亡 酔って自宅3階から転落か(産経新聞)

 23日午後10時55分ごろ、東京都江戸川区東瑞江の民家前の路上で、この家に住むアイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー、後藤真希さんの母、時子さん(55)が、頭から血を流して倒れているのを後藤さんの姉が見つけ、119番通報した。時子さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 警視庁小松川署によると、後藤さん宅は3階建てで、3階の窓が開いていたことから時子さんが誤って転落したか、自殺した可能性が高いという。遺書は見つかっておらず、争った跡もなかった。時子さんは同日午後10時半ごろ、酒に酔って帰宅したのを家族によって目撃されている。時子さんは後藤さんと姉の3人暮らしだった。

【関連記事】
ゴマキ、失恋していた「今はガチで1人です」
ゴマキ移籍第1弾!2年ぶり再出発CD
ゴマキは黒オススメ!格好良くて強い感じ♪
ゴマキ、超ミニスカセクシーノリノリ熱唱
【想ひ出写真館】第5回 後藤真希~困難を乗り越え、新たな旅立ち

藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会(スポーツ報知)
摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」(産経新聞)
酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)
<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)
<名護市長選>移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)

日医会長選、茨城・原中会長がマニフェスト発表(医療介護CBニュース)

 日本医師会(唐澤祥人会長)の会長選挙への出馬を表明している茨城県医師会の原中勝征会長は1月20日、東京都内のホテルで記者会見し、「医師会改革」などを訴えた「原中勝征マニフェスト」を発表した。

 マニフェストの主な柱は「地域医療の見直しと連携の充実」「医師会改革」など。「地域医療の見直しと連携の充実」については、診療医を対象とした「診療所連絡協議会」と、病院勤務医を対象とした「病院連絡協議会」を設置し、それぞれが抱える問題点の洗い出しと解決を目指すとしている。また「医師会改革」を推し進めるため、「諮問委員会」を設置することを明記。さらに、会長選に出馬した陣営が執行部の役員候補リストを提出する「キャビネット選挙」を取りやめ、全国から役員候補を公募する方針も盛り込んだ。政権与党に対しては「是々非々で直言していく」としている。

■「西島参院議員の推薦取りやめを提案」
 会見で原中会長は、日本医師連盟が推薦した西島英利参院議員(自民)や日医の執行部について、医療現場の声を政府に伝え切れていないと批判。その上で、今年の参院選への対応について、「会長に就任したら、(西島氏の推薦を取りやめるよう日本医師連盟で)提案したいと思う。ただ、西島氏に代えて民主党の候補を擁立する考えはない」と述べた。
 政権交代後の民主党の医療政策については、「全くなっていない。本当に情けない状態」とコメント。特に足立信也厚生労働政務官とそのブレーンに対して「闘わなければならない」とも語った。
 日医会長選は、今年4月に実施が予定されている。

原中勝征氏(はらなか・かつゆき)
1940年生まれ。茨城県出身。日大医学部卒業後、東大医科学研究所内科医局長、助教授などを経て、2004年茨城県医師会長。08年、都道府県レベルの医師会としては初めて、後期高齢者医療制度の廃止を求める声明を発表。09年の衆院選では、県医師連盟の会員と共に自民党を集団離党し、民主党候補を支援した。


【関連記事】
「勤務医の意見を反映する医師会に」―原中会長
日医会長選、茨城・原中会長が出馬表明
茨城県医連幹部、自民県連を集団離党へ
「茨城の自民候補推薦もあり得る」―日本医師連盟
「高齢者いじめの制度は許せない」

<鶴屋南北戯曲賞>小幡欣治さん作「神戸北ホテル」に(毎日新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
<消防職員>団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省(毎日新聞)
覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検(産経新聞)
【視点】都予算原案 生活に戦略的投資(産経新聞)
プロフィール

ミスターのぶおしおざき

Author:ミスターのぶおしおざき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。